zawakyon

エアークラフトモデル

造形村 Fー4E スミ入れ

墨入れの手段としては機体色を溶かさないエナメル塗料や油絵具を使って行うのが一般的です。また最近ではタミヤパネルラインアクセントカラーを使う人も多いでしょう。エナメル塗料や油絵具を使う場合は色の調整ができるのが利点だと思います。かっこいいパネルライン を再現してみようではありませんか。
ツール

インフィニモデル クリアファイル3ウェイシステム

インフィニモデル のクリアファイル3ウェイシステムは強化ガラス製のやすりとなり、ミディアム・ファイン・スーパーファインの3種類が入っています。サイズはSとLがあり価格の差はそれほどありませんでした。  今回はクリアパーツの研磨を試してみました。
エアークラフトモデル

造形村 1/48 F -4E PhantomⅡ|小部品の塗装

主脚前脚は汚れを意識した仕上げにするため、あらかじめ黒サフで塗装してあります。ミサイルは基本的に汚れているものではないのでグレーサフを塗装してあります。これら小部品に指定色のホワイトを塗っていきます。この段階でほとんどの塗装が終了するわけです。
エアークラフトモデル

タミヤ1/48Fー4BファントムⅡのレビュー

今年いちばんの話題のキットであろうタミヤ1/48Fー4BファントムⅡをたまたまほんの少し入手ができたので、レビューしてみました。最近のタミヤらしい作りやすく、作り手にミスをさせない、それでいて実感たっぷりのディテールを持ったキットであることが確認できました。
エアークラフトモデル

TAMIYA 1/24 FAIRLADY 240ZG|下ごしらえ

塗装のしやすさとディテールを追求したタミヤ の自信作であるフェアレディ240ZGであります。とはいえプラモデルの宿命であるパーティングラインは比較的しっかりと入っていますし、ディテール追求の裏返しで小さな部品も多めです。製作手順を整理していきます。
エアークラフトモデル

造形村 Fー4E デカールを効率よく貼ろう

デカールを貼る時には乾燥後デカールが白化するシルバリングに気を付けなくてはいけません。マークセッターやマークソフターを駆使してシルバリングが起きないようにデカールを貼って行きましょう。また数百枚のコーションデータデカールは効率よく貼っていきたいものです。 
エアークラフトモデル

造形村 Fー4E 手描きマーキングの続き

ノーズアートのように手描きを行う対象物が絵のような場合どこかでごまかしは可能なのですが、これが文字のように幾何学なものになるとごまかしは難しくなります。つまりはマスキングをいかに綺麗に行うかにつきます。ではどうすれば綺麗なマスキングを行えば良いでしょうか?
カーモデル

ウィンドモールの塗装

窓まわりにあるウィンドモールの塗り分けがきっちりできている作品は眺めていても気持ちが良いものです。ウィンドモールが曲線の場合はマスキングテープもそれに合わせて曲線状に切りぬいたものを用意します。また塗料の漏れがないようにマスキングゾルも使用した方が良いですね。
カーモデル

研ぎ出しの方法

カーモデルはエアブラシで塗装する以上、ゆず肌と言われるざらつきがどうしても生じてしまいます。これを傷が残らないように耐水ペーパーからコンパウンドまで駆使して研磨して平らにしていくのが研ぎ出しです。やはり車のプラモは艶々ピカピカにしたいですよね。
エアークラフトモデル

造形村 Fー4E 手描きマーキングのすすめ

機首レドームの塗り分けでミスってしまい、気づいたのがデカール貼り付け後。仕方がないのでデカールを削り落としてシャークマウスをエアブラシで塗装してみました。テープに塗装図から写し取りマスキング、塗装を3色分繰り返すだけの簡単な作業(笑)輪郭は筆で描いてみました。